群馬県高崎市|湯浅眼科医院|イオンモール高崎2F

目の病気Q&A

緑内障とは

緑内障ってどんな病気?
視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。
緑内障ってどうするとなるの?
目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、あるいは排水されない状態になると、眼球中の圧力(眼圧)が高くなります。その圧力によって視神経が障害を受けて発症にいたります。また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります。
どんな症状が出たら診察を受けるべき?
緑内障の初期には自覚症状は全くありません。また、視野の異常もある程度進行するまで自覚できません。ですから、目の疲れ、視野狭窄、頭痛や、眼球を重く感じたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合は、すぐに診察を受けることをおすすめします。
どんな検査をするの?
緑内障を診断するには多くの検査が必要です。まず視力、眼圧の測定。そして眼底の視神経の観察をおこないます。 また視野検査は緑内障の進行具合を判断するために最も重要な検査です。さらに隅角という房水の流出路を観察し、視神経への影響を調べます。
どんな治療をするの?
点眼薬で眼圧を低くコントロールすることが基本です。内服薬を併用することもあります。それで思わしい効果が得られない場合は手術治療をおこないます。
経過観察って?
通常は診察のたびに眼圧を測定し、3ヶ月に1度程度の視野検査と、視神経の観察も随時おこないます。緑内障が進行しているかどうかの判断は視野検査でおこないます。慢性の開放隅角緑内障では、点眼薬で治療し眼圧を下げます。点眼薬を使用しても眼圧が充分に下がらなければ、手術を考慮することになります。急性にくる閉塞隅角緑内障では、先ず点滴、内服、点眼薬で速やかに眼圧を下げ、レーザー照射を行って眼内の水の流れをスムーズにします。それでも眼圧が下らなければ手術が必要となります。
ページトップへ